発注側企業様 導入事例

取材日:2016年12月15日
数値の見える化は、従業員の経営改善への意識向上だけでなく、店舗のクオリティアップにもつながります。

株式会社リトル沖縄オーバーシーズ

設立 :1996年 代表 :小嶋 達典
本社所在地 :東京都江戸川区臨海町6-3-2
事業内容 :沖縄料理店の運営及び沖縄そば、島豆腐の製造・販売
企業サイト http://www.little-okinawa.co.jp/

BtoBプラットフォーム 受発注 導入効果

checkbox

POS・勤怠システムと連動し、FL比率が一目瞭然。瞬時の経営判断が可能に

checkbox

数字の見える化で、従業員の経営意識が向上。独立支援にも役立つ

checkbox

適正な在庫管理により、メニューの品質が向上。お客様満足度もUP

東京・横浜で沖縄料理店を運営する株式会社リトル沖縄オーバーシーズ。都心にいながら沖縄の空気を味わえるとあって大きな人気を得ています。同社では受発注業務の効率化に「BtoBプラットフォーム 受発注」を導入。早くからペーパーレス化に取り組み、確かな成果を上げてきました。

BtoBプラットフォーム 受発注
お問い合わせ資料請求

沖縄毎の個性を大切にした沖縄料理屋

沖縄料理と言えば、健康・長寿の代名詞。私どもリトル沖縄オーバーシーズでは、東京・横浜で沖縄料理のお店を5店舗運営するかたわら、自社工場で沖縄そばと島豆腐を製造・販売しています。

銀座の「リトル沖縄」では沖縄定番メニューのほか、オリジナルメニューも豊富に用意し、沖縄を知らないお客様にも沖縄にいる感覚を味わっていただけるような空間をご用意しています。

沖縄料理とはその土地の家庭料理なので、特に決まったレシピというものがありません。なので、私達のお店でも、各店舗でメニューを変え個性を演出しています。同じメニューでも味が微妙に違うんですよ。東京在住の沖縄出身のお客様からは「地元のお店よりおいしい」と、お褒めいただいています。

 実は私が「リトル沖縄」の事業を継承した時、大阪で父の始めた大手の飲食ビジネスの経営に携わっていました。しかし、規模の小さな「リトル沖縄」の経営に関しては、従業員にトップとしての私の想いを徹底的に浸透させ、同じ価値観を共有してもらおうと考え、東京に転居。3年間にわたって従業員と寝食を供にして「リトル沖縄の私流の運営」に取り組みました。その甲斐あって、スタッフとのコミュニケーションは現在でも上手くいっており、当時のスタッフは今も私と一緒に働いてくれており、非常に感謝しています。

代表 小嶋 達典 様 画像

代表 小嶋 達典 様

数字ありきではなく、サービスの徹底という基本姿勢を貫く

私が「リトル沖縄」の運営に際して大切にしたのは、お客様に喜んでいただくという飲食業の基本を徹底したことです。そのサービスのクオリティを高めていく上で数字(売上)は大切ですが、根底にはお客様に満足していただくという姿勢がなくてはなりません。

大阪で経営に参画している、直営83店舗を展開する大手の飲食ビジネスも、わずか5店舗の「リトル沖縄」も、この基本は同じです。むしろ店舗が少ない分、「リトル沖縄」は1店舗あたりの売上・コストの影響が大きいといえるかもしれません。この点は責任者が強く自覚しなければならないと、常々口にしています。

一時期、沖縄料理のブームがありましたが、「リトル沖縄」はそのブームが去った後もご支持いただいていますし、沖縄料理というよりもそれぞれのお店自体にファンがついています。おかげで業績は順調に推移しており、将来的には大阪方面での展開も視野に入れています。

沖縄料理 画像

購買業務の改善・時短・コスト削減を図り、
本部・事業所、店舗・部門の業務をスリム化する仕組みをさらに知りたい方は