弊社では、フード業界標準のシステムを実現するために、他社システムとの連携強化を推進しております。
その為、業界の皆様のニーズにお応えするためのソリューションを多数ご用意しております。

クオリカ「TASTY QUBE」

TASTY QUBEは、外食産業の本部店舗様向け業務支援システムです。
売上管理・食材管理・勤怠管理を中心とし、FLコストを適正化する為の機能を備えております。
POSデータをフル活用し、その過去データから来月の客数(売上)予測を行い、適正な発注、適正な人員配置をガイド。
無駄な食材コストの軽減、サービスレベルを維持する為の人件費コントロールを可能にしています。

東芝テック「フードキャスターEX」

FoodCasterEXは、Plan(計画)・Do(実行)・Check(検証)・Action(改善)サイクルを
円滑に行うことで、スムーズかつ有効な店舗マネジメント業務の一元化を実現します。
日々発生する営業管理業務をシステム化することで、店舗業務の見える化と管理工数の削減を
可能にしました。

東芝テック「FoodingWorks EX」

「FoodingWorks EX」は飲食店経営のあらゆる“数字”を一元管理。
販売管理、原価管理、勤怠管理からタイムリーな損益状況の把握まで、店舗経営を強力にサポート。
ASPサービスのメリットを生かし、総合的なオペレーションコストの低減と機能の充実を実現、
これまでにない優れたお店の運営を可能にします。

 

日立システムズ「Bistro Mate」

ビストロメイトは、飲食店に必要な業務システム(売り上げ・勤怠・仕入れ・日報など)をトータルサポートするASPサービスです。
短期間、低コストで、導入から運用を含めた多彩なサポートが利用できます。
すでに、60社、5,000拠点以上で導入いただいており、店舗スタッフの経営手腕や勘に頼っていた飲食店業務の全般をシステム化してきました。

ジャストプランニング「まかせてネット」

「まかせてネット」は売上・勤怠・仕入を一元管理、日次損益管理を実現するアウトソーシングサービスです。
ご利用いただくシステムの提供から、日々の運用・障害対応にいたるまで、本部様と協力して加盟店様をサポート。
多店舗経営に欠かせない「経営の効率化」と「スピード」のさらなる強化を実現します。

タス「Mr.献ダテマン」

「Mr.献ダテマン」は、病院や老人ホーム、保育園、学校、社員食堂など集団給食における栄養士の栄養管理業務を
大幅に効率化します。献立作成、栄養管理以外にも、発注・在庫・食数の管理なども入った、
栄養士向け総合支援システムです。

オリーブ情報処理サービス「ホテル購買システム」

ホテル購買システムはホテル事業における購買業務を管理・効率化するセミオーダーパッケージです。
ASP受発注システムで確定した食材・商材の取引情報を「ホテル購買システム」に取込むことによって、
日次の仕入業務を省力化する事が可能です。

ヤマトシステム開発「e-らくらく店長」

「e-らくらく店長」は飲食店経営に必要な「売上」「原価」「人件費」「諸経費」を1つのシステムでまとめて管理し、
日別に損益を管理することができます。
収益改善のためのシミュレーション機能もついており、店舗スタッフが予算達成のために何をすれば良いかを考えることができます。

プロス「フーディングジャーナル」

フーディングジャーナルとは、飲食店業務に必要な原価や勤怠の管理、POSシステムと連動した売上管理を行い、
早期に店舗管理上の損益を確定し、次の対策を打つための仕組みです。
プロスでは、その仕組みをASP形式で提供しております。

アプリラボ「K1(けいいち)くん」

K1くんは、飲食店店舗の経営に必要な売上・勤怠・仕入を総合して管理できるソフトウェアです。
パソコンベースなので、初期・月額費用が共に安く、これ一つで飲食店を複数店管理することが可能です。

メディアミックス「FOODIT21」

メディアミックスの「FOODIT21」は、売上・勤怠・仕入・原価を一元管理、日次損益管理を実現する
フードサービス業向けのトータルシステムです。フードサービス業に必要な業務を全てアウトソーシングで提供します。
もちろん、機能を選んでご利用いただくことも可能です。

イー・カムトゥルー「Win-Board.biz」

Win-Board.bizは、飲食店の店舗・本部の経営情報の「管理・蓄積・共有」をポータルサイトに統合して強力にバックアップ。
初期導入・運用コストが安く、多様な機能をセレクトオーダーで利用できることが特長です。

MS&Consulting「@bino-FoodService(FS)」

店長育成をコンセプトとした「@bino-FS」の日次決算システムは、日々の数値を管理するだけではなく、
当日までの実績から月末の着地見込みを予測し、問題を把握・対策を検討することができます。

ページトップへ